記事一覧

年齢を重ねた肌のお手入れ

レディ

年齢肌にあった化粧品

肌のお手入れをすることをスキンケアと言います。そして年齢に合ったスキンケアが「エイジングケア」です。エイジングケアは肌年齢に合わせたスキンケアのことですが、年齢を重ねた肌のお手入れを指して言うことが多いです。年齢を重ねると体のあらゆる機能が自然に衰えていきますが、肌の質も低下していきます。コラーゲンやヒアルロン酸の減少や、ターンオーバーや女性ホルモンの乱れなどが主な原因です。そうした原因が重なると肌が乾燥しやすくなり、しわやたるみやシミが出来ます。肌の機能の衰えを感じ始めたら、エイジングケアをして肌質を向上させることが大切です。皮下から肌弾力を上げるには、コラーゲン増やすことが必要不可欠です。コラーゲン入りの化粧品の保湿効果は高いですが、コラーゲンそのものが直接増えることはないです。コラーゲンを増やしたいなら、コラーゲンの生成を間接的に促進する作用があるビタミンC誘導体を配合した化粧水でエイジングケアをするのがお勧めです。ビタミンC誘導体には抗酸化作用もあり、酸化が原因の肌老化も予防できます。乾燥じわ対策にお勧めなのが、セラミドを配合している美容液です。セラミドは角質層に存在する細胞間脂質の主成分で、コラーゲンと同じように加齢と共に少なくなっていきます。ただし、コラーゲンとは違い、セラミドはセラミド入りの美容液で直接増やすことが可能です。セラミドは保湿効果が高く、乾燥に強い肌を作ることができます。

Copyright© 2018 ベリーダンスの効果を徹底解説【人気の舞踊ですっきり痩せる】 All Rights Reserved.